Fitness

【検討】Fitbit Charge 3とAlta HR比較どちらがおすすめ?

Fitbit Alta HR(アルタHR)とCharge3(チャージ3)は
Fitbit社が販売するフィットネスバンドの2大製品です。

Fitbitのスマートウォッチはフィットネスと健康を保つための
フィットネスバンドとして販売されています。

なお、Alta HRは2017年に最も販売されたフィットネスバンドであり、
アメリカを中心に多くの健康愛好家に人気を博しています。

スクリーンショット 2018-09-08 7.08.11

新製品であるChage3は2018年10月に発売が開始されました。

 

Chage2と比較しても割安の価格に設定される予定であるため、
Fitbitにとっては販売戦略上重要な製品となると考えられます。

もし、今フィットネスバンドを買うべきかそうでないかを考えているのであれば、
この記事を読んでみてくださいね。

2019年最新モデルFitbit Inspire HRとFitbit  Charge3の比較検討記事を公開しました!

あわせて読みたい
【機能比較】Fitbit Inspire HRとCharge3はどちらがおすすめ?2019年新作 Fitbit Inspire HRは何が進化した? Inspire HRとAlta HRの機能比較 フィットビッ...

Alta HRとCharge3の機能比較表

Fitbitの公式ページでは両者の比較表を見ることができます。

FireShot Capture 3 - Fitbit 商品の比較 I Fitness トラッカー & スマートウォッチを比較 - https___www.fitbit.com_jp_compare

こうして比較してみると、その見た目以外にもちょっとずつ異なっていますね。

中でもHRとChargeで大きく異なるのは「GPS接続ができるか否か」です
GPS接続を行うと屋外での運動の記録をスマホと連携して行うことができます。

また、フィットネストラッカーとして自動で階段の上り下りや、
ジムでのウエイト・トレーニングを自動で判定してくれる機能はCharge専用です。

それではその他の特徴を一つづつ比べてみたいと思います。

Alta HRとCharge3の一番の違いはそのサイズ

Alta HRはブレスレット併用もできる細さがおしゃれ

まず、注目すべきポイントはサイズです。

スポーツや健康管理のために身に着けているものですから、
できるだけ小さく軽くあるべきでしょう。

Alta HRはこの点をよく理解しており幅は15ミリとなっています。
既にブレスレット等をすでにつけていたとしても簡単に身に着けられるでしょう。

Charge3の大きさはCharge2とほぼ同等

Alta HRと比べてChaege3は一回り大きいのが特徴です。

なお、Charge2と比較するとCharge3の大きさは大きくは変わりませんが、
新しいアルミニウム素材のカースはCharge2と比較してより軽くスリムになっています

装着感の観点から言っても日中でも夜間でもAlta HRに不満を持つことはありません。

デザイン・ファッションとしてのFitbit交換用バンド選び

ベルト交換で差をつけるならどちらも可

Alta HRもCharge3もベルトを交換できます

Fitbitのオリジナルデザインや他のブランドとのコラボレーション製品も
多く供給されていますがサードパーティ製のベルトもまたたくさん提供されているので、
安価なものが欲しい場合はそちらを検討することもできます。

ファッションの一部として使えるフィットネストラッカーはおしゃれですよね。

おすすめのFitbit交換用バンドのおすすめはこちらの記事を参照!

Fitbitにはサードパーティ製の交換用バンドが多数あります。
Amazonで手軽に購入できますのでぜひチェックしてみて下さい!

あわせて読みたい
Fitbitのおすすめ交換用ベルト10選 マグネットメッシュストラップ Fitbit Alta用マグネットメッシュストラップ アップルウォッチのようなステンレススチー...

Alta HRとCharge3の防水機能

防水機能はCharge3なら水泳もできるレベル

防水機能はほとんどの人にとって大きな検討事項です。

シャワーを浴びるたびにスマートウォッチをつけたり外したりするのは面倒です。
特に急いでいるときに着け忘れたりしないためには、
着けたまま日常的な活動を送ることが一番確実な方法です。

生活防水以上の防水を期待するのであればAlta HRよりCharge3が望ましいでしょう。
Fitbit Flex2と同様に50メートルまでの防水機能が備わっています

プールでも海でも使えますし自動水泳トラッキングサポートもあります。

Alta HRは生活防水レベル

Alta HRはプールでは使えませんが、ジムや雨などの生活防水仕様は備わっています。

Alta HRとCharge3で計測できる測定項目

Charge3のほうが細かく身体を測定できる

Fitbitの製品はとてもシンプルです。
ステップ数、距離、消費カロリー、活動時間に睡眠トラッキングが付いています。

両方の製品ともにFitbitのPurePulse心拍センサー技術を搭載しています。

しかし細かい点を言えばAlta HRとCharge3ではデータの使用方法が異なっています。Alta HRでは継続的に測定値を表示し平均心拍数を記録することに焦点をあてています。

また呼吸ガイド機能(呼吸セッション)は一日のストレスを軽減する効果が期待できます。
Charge3ではAlta HRができる機能を全て持っていますが、
更に心拍数ゾーンやVO2最大値(最大酸素摂取量)をリアルタイムに表示することで、
ワークアウト時の身体情報をより細かく表示することができます。

あわせて読みたい
【Fitbit Charge3】フィットネストラッカーでの心拍測定のコツFitbitを始めとしたスマートウォッチの心拍数測定方法 FitbitのPurePluseテクノロジーはダイオードを使っている まず...

Alta HRは自動ワークアウト記録の機能がある

Alta HRではシンプルなワークアウト支援機能が備わっています。

このスリムなFitbitにはSmartTrackと呼ばれる自動認識機能が搭載されており、
自動的に運動の時間やその内容を認識します。
しかし逆にデバイスから手動でワークアウトを始めることができません。

Charge3にはGPS機能が付いていませんので、
ランニングやサイクリングのような活動をマッピングするためには
スマートフォンとペアリングする必要
があります。

Charge2と同様にCharge3はゴールベースのワークアウト機能を備えた
トラッキングを備えており時間と距離を設定することが可能です。

Charge3にはSpO2センサーが備わっている

自動睡眠トラッキング機能は両方のデバイスでサポートされており、
ログデータに基づいたパーソナライズされたアドバイスなどのスリープ機能を
すべて使用することができます。

またCharge3にはAlta HRには備わっていないSpO2センサー
(経皮的動脈血酸素飽和度を測定するセンサー)を備えています。

このセンサーは心臓の状況や睡眠時無呼吸症候群のような深刻な
健康管理機能に使用することを目的としたセンサー
です。

Fitbitはこのセンサーで何ができるかを探求し始めたばかりであり、
間違いなく今後もっと便利になる機能になるでしょう。

ウェアラブルデバイスとしての拡張機能

フィットネストラッカーとしてのFitbitプラスαの機能

これまでひたすらにフィットネスバンドとしてのウェアラブルデバイスとして
Fitbitを紹介してきましたが、その使用法はフィットネスにとどまりません。

Fitbitはスマートウォッチのような機能をもつことを望んでいるようです。
携帯電話からの通知を受け取ったり電子マネー使うことができる機能を指しています。

Charge3では通知機能はより高度化されており、
サードパーティアプリ(例えばフェイスブックやワッツアップ、Staravaなど)から
通知を受け取ることができます。

もしAndroidのスマートフォンとペアリングしていれば、
メッセージに簡単な返事をすることもできます。

Fitbitもアプリを提供する予定ですが、これはすでにスマートウォッチに入っているような
高度なものではないようです。
カレンダーや天気予報のようなシンプルなアプリとなるものということです。

Fitbit PayはCharge3のみ付属している

Alta HRではなくCharge3にするべき理由を説得できるかもしれないとすれば、
「Fitbit Pay」が付属しているという点にあります。
これはSuicaやEdyのように電子マネーによる非接触支払い機能のことです。

Fitbit製品のバッテリー容量と電池の持ちについて

Alta HRもCharge 3も1週間バッテリーが持続する

電池の持ちという点においてはAlta HRも Charge3も違いはないようです。

Fitbitは、Alta HRはフル充電で最大7日間持続するとしています。
米WEARABLEによるテストでは約6日間持続したと報告されています。

FitbitによるとCharge3についても7日間持続するとしています。

Charge2をテストしたときは5-6日したことと比較すると
少なくともCharge2に匹敵するバッテリーの持ちが期待できます。

最低でも数日間はこれらのフィットネスバンドは使用できることは間違いありません。

それではCharge3とAlta HRどっちがタイプ?

それでは結局Charge3とAlta HRのどちらを選ぶのが良いでしょうか。

Fitbitの提供する機能の核となるフィットネス記録機能やスポーツ記録機能、
そしてバッテリー寿命という基本機能を満たすのであればAlta HRがいいでしょう。

水泳時の防水機能やより高度なスポーツ記録機能、スマートウォッチをより活用した
機能(Fitibit Payを含む)を評価するとCharge3が望ましいと考えられます。

値段に大きな違いはないので最終的には大きさと用途で選ぶと良いといえます!

すると、機能的に高性能なCharge3が候補に上がってくるかもしれませんね。
実際Amazonでの売上げランキングを見てみると、Charge3のほうが人気です。
ぜひこの機会にフィットネスバンドで一番人気のFitbitを検討してみてくださいね。

Fitbit AltaHR

Fitbit Charge3

Fitbit Charge2

 

Alta HRと最新モデルInspire HRの比較はこちら!

あわせて読みたい
【機能比較】Fitbit Inspire HRとCharge3はどちらがおすすめ?2019年新作 Fitbit Inspire HRは何が進化した? Inspire HRとAlta HRの機能比較 フィットビッ...

Source: WEARABLE

2019年最新おすすめスマートウォッチをチェック!

「まだスマートウォッチを持ってないけど悩んでいる」
「どんなスマートウォッチがあるの?」
「安いスマートウォッチはある?」

そんな疑問に答えながら人気スマートウォッチ15機種を一挙取り上げました。
必見です!

おすすめの関連記事