Fitness

【2021年版】Fitbit Charge 5とFitbit Inspire 2の違いを比較しました

Fitbitは2021年現在においても優秀なフィットネストラッカーですが、様々な種類のFitbitが販売されており、一見するとどれを選んだら良いのかわかりにくいという難点があります。

今回は、Fitbitの高級機種であるCharge5と、最も安価なInspire2の機能を比較することを通してどのように日常の中でフィットビットを活用できるか考えてみましょう!

Fitbit Charge5とInspire2の価格差はどのくらい?

FitbitのCharge5はシリーズの中で最も性能がよく、最新の機能が付加されているフラグシップモデルであるといえます。トヨタの自動車で言うならばクラウンアスリートと言えるかもしれません。

スマートウォッチを検討するときに、まず何のために使おうと思っているのかを考えてください。それはフィットネストラッカーとしての役割かもしれませんし、なんとなくおしゃれだからからかもしれません。

毎日身につけるものであるということは自分が気に入っていなければなかなか身につけること自体が長続きしません。Fitbit Charge5はFitbitの中では最も高価なスマートウォッチです。価格は約2万4千円前後になります。

Apple Watchと比較すればかなりお手頃ですが、スポーツ選手やアスリートにとって計量かつ安価で精度の高い記録を手軽に取ることのできるCharge5は最も先に検討されるべき選択肢です。

Fitbitシリーズの中で入門機種であるInsupire2は1万2千円程度で販売されています。

実際に装着してみると最もよく分かるのですが、フィットネストラッカーとしてのスマートウォッチに画面サイズや素晴らしい高性能な機能は必要ありません。

むしろウルトラマラソンや登山をするならばGPSがついていたほうがよいとか、パルスオキシメーターがついていたほうが感染症が流行している現在は安心できるといった、用途や自分の考え方に応じて適切なものを選択したほうがコストパフォマンスが高いでしょう。

Fitbit Charge5とInsupire2のデザイン比較

Fitbit Charge5はApple Watchとは異なり、スポーツマンや健康維持のためのフィットネストラッカーとして活躍するシンプルで必要最小限の機能を備えたスマートウォッチです。

Fitbit公式サイト-https://www.fitbit.com/global/jp/products/trackers/charge5

 

だからといってInspire2がデザインとして劣っているということは全くありません。

Fitbit公式-https://www.fitbit.com/global/jp/products/trackers/inspire2

 

むしろ一見するとほとんど同じ形にも見えるくらいデザインは洗練されており、なおかつ入門機種としては豊富なエクササイズモード、専用アプリケーションとの連携が可能です。

Fitbitはあくまでフィットネストラッカーとしての用途に重きを置いていますが、高性能な機能がついているVersa3はApple Watchと似たような形をしています。その分本体が重くはなりますが日本でもSuicaなどが使えるNFC機能がついている等別の良さがあります。

Inspire2は軽量なシリコンバンドが交換可能です。またウエストバンドや衣服の下に着用してもトラッキングができますので目立たないように使うこともできます。

Charge5でもInspire2でもできること・できないこと

Fitbitはフィットネストラッカーということから当然、歩数、睡眠、健康、運動の計測をすることができますが、最近は睡眠の質を管理する機能が注目されています。

睡眠時無呼吸症候群の記録にはCharge5が向いている理由

睡眠のトラッキング機能に関してはCharge5でもInspire2でも同じです。これは月額課金制のサービスにはなるものの、睡眠心拍数や落ち着き等の睡眠状態の計測も可能です。

ただし、Charge5がSpO2センサーを搭載しているため、血中酸素濃度を計測することができる一方でInspire2では計測ができません。

この血中酸素濃度は新型コロナウイルス感染症で注目される指標の一つですが、睡眠時無呼吸症候群の指標ともされており、この障害に悩む人が管理するための方法としてはCharge5でなければなりません。

フィットネストラッキングにはどちらでも十分な機能

Fitbitはもともと運動計測用のスマートウォッチなので安価なInspire2でも20種類以上の運動を記録することができます。

また、心拍数のリアルタイムモニタリングが可能であり、カーディオフィットネス等心拍数を高める運動をする際は非常に参考になります。

Charge5の利点とすればGPSが搭載されているため、スマートフォンがなくてもランニング記録等を残すことができます。Inspire2はスマートフォンと一緒に持ち運ぶことでGPS機能を使うことができます。

スマホとの連携機能Charge5とInspire2の違い

スマートフォンとの連携はより快適なアプリ機能や、サブスクリプションサービスの利用でほとんど必須ですが、Charge5とInspire2の違いはどこにあるでしょうか?

Charge5に関して言えばカラーディスプレイが用意されているため、運動中にメールが来た際など通知内容を詳しく知ることができます。また返信をする機能もありますし、音楽のコントロールを行ったり、非接触型決済も使用することができます。

日本ではSuicaが使えますので、例えばランニング中にカフェや食料品店、交通機関などで、Charge5 を使って買い物ができます。スマートフォンや財布は必要ないという点は便利に感じるかもしれません。

Inspire2ではこうしたことはできないのかというと一部ネイティブアプリに関して通知を表示することができます。例えば電話の着信、カレンダー、テキストメッセージの受信などですが、Apple WatchやCharge5と比較してしまうと少し機能は弱いと感じるかもしれませんね。

スマートウォッチであるFitbitのバッテリーの持ちはどのくらい?

数年前のスマートウォッチではバッテリーの持ちが1日程度というものもあり、あまり使いやすいとは言えないものがほとんどでした。

しかしながら、最近のスマートウォッチは頻繁にアプリを使うことが無ければ、特にFitbitのようなフィットネストラッカーであれば1週間程度は持ちます。

SpO2などのセンサー機能を頻繁に利用する場合はもう少し寿命が短いかもしれませんが、2時間程度で充電することのできる急速充電技術が搭載されているため、帰宅後に充電する癖を付けさえすれば、バッテリーの持ちで悩むことはありません。

Fitbit Charge5とInspire2はどちらも優秀なフィットネストラッカーです。あなたの日常的な用途やライフスタイルに合わせて選ぶことが大切です。

If you don’t fancy a Fitbit smartwatch and you’re eyeing up a one of its fitness trackers instead, the Inspire 2 and the Charge 5 are two options up for consideration. One is Fitbit’s flagship tracker and the other is the cheapest tracker in Fitbit’s collection. If you’re wondering what the key differences are between…
Source:WERABLE Fitbit Charge 5 v Fitbit Inspire 2: Fitness trackers compared

2019年最新おすすめスマートウォッチをチェック!

「まだスマートウォッチを持ってないけど悩んでいる」
「どんなスマートウォッチがあるの?」
「安いスマートウォッチはある?」

そんな疑問に答えながら人気スマートウォッチ15機種を一挙取り上げました。
必見です!

おすすめの関連記事