Wear OS by Google

【2019年Google I/Oか?】GoogleのPixel Watchはいつ日本発売?

GoogleのPixel Watchとは?

Google Pixelからスマートウォッチ端末が登場するか

Pixel Watchは「Google Pixel」ブランドのスマートウォッチです。

かつて存在したAndroid Wearというスマートウォッチ用OSが「Wear OS」と改名したのは2018年5月でした。以降、Googleはスカーゲン、カシオなどのメーカーから最新のWear OSを搭載した端末を発売しています。

2019年1月にはFossilのスマートウォッチ技術を4000万ドルで買収しており、今後もGoogleがWear OSを開発し、Pixelブランドで独自の機種を発売するのではないかと囁かれています。

Pixel WatchはApple Watchのライバルとなる?

今年Pixel Watchが発表されることが期待されていますが、その理由はなんと言ってもApple Watchの対抗馬としてのGoogleの本気に期待がされているから。

サムスンやAppleの端末と比較してもWear OSは魅力が薄いと感じます。

そして、GarminやFitbitもまたフィットネストラッカーやスポーツ用スマートウォッチも独自のOSを搭載しており、これらのメーカーも特にGPSや心拍数トラッキングにおいては非常に高い技術を持っています。

そんな中で、Pixel Watchが魅力的な仕様であれば、一度はGoogleグラスで頓挫したGoogleのウェアラブルデバイスブランドとしても起死回生となるのではないかと考えられます。

Pixel Watchの発売日は2019年のGoogle I/O開発者会議と予想

2019年はFossil買収などWear OSアップデートが期待できる

今年のGoogle I/Oは5月7日(火)〜5月9日(木)会場はシリコンバレーの「ショアライン・アンフィシアター」で行われます。

GoogleはFossil Groupのパテントを購入し、スマートウォッチ技術を培っています。

また、Wear OSのフィットネストラッカーとしての機能を強化することができる、Google Coachという運動アシスト機能の話題もでていることから、2019年度中に大きな動きがあるような発表が推測されています。

Android Open Source Project(AOSP)で謎のコードが発見される

もうひとつ2019年度中にPixel Watchが登場するであろうと噂されている理由として、
Googleが提供しているAndroidのオープンソースプロジェクトである、
「アンドロイドオープンソースプロジェクト」上に「Salmon」と「Medaka」という新しいコードネームが登場しているからです。

これがPixel Watchを指しているのかは定かではありませんが、
Googleファンの間ではPixel Watchを指すコードネームではないかとされています。

グーグルが提出した特許情報が発見される!

米techradarによると、グーグルは腕時計のバンドを磁石で固定し、交換ができるようにする発明に関して特許を申請していることが分かりました。

元記事は米Patently Appleが発見しています。こちらを御覧ください。

Google I/OのページはWear OSの最新開発のヒントがある

Google I/Oは世界からGoogle関連製品の最新情報を求めて集まる会議

2019年Google I/Oは今年は5月8日から5月10日の間、
Google本社のあるカリフォルニア州のマウンテンビューで行われます。

チケットは2月21日から2月27日まで販売されますので参加したい人はぜひお早めに。
ちなみにGoogle I/Oは開発者にとても勉強になる資料が多数公開されます。

Wear OSに関する情報は少ないが毎年公開されている

このGoogle I/Oですが、Wear OS開発者の方は要チェック、
そしてスマートウォッチファンの皆様も当然要チェックです。

例えば2018年のGoogle I/OのページからWear OSを選択してみると、
以下のような資料があります。

  • Kotlinを用いたWearOSのウォッチフェイス作成
  • Wear OSでの複雑なウォッチフェイスデータのエクスポーズ
  • Wear OSでのメッセージングアプリの拡張
  • Wear OSでの音楽再生

Google Pixel Watchの日本での価格はどのくらい?

Pixelブランドを冠するスマートウォッチなので4万円前後と予想

Google Pixelは素晴らしいスマートフォンを発売しました。
そのため、スマートウォッチに関してもおそらくはApple Watchと同等の性能、価格であると予想されます。

サイズやLTEの有無などのランク分けによってレンジがあるかと思いますが、
おそらくは「4万円から5万円程度」ではないかと推測します。

Apple Watchのようなブランドコラボモデルの可能性は低い

Apple WatchはエルメスとコラボレーションをしたApple Watchを発売しています。

しかし、Googleからブランドコラボ商品が販売される可能性はあまり高くないでしょう。

それよりもFossilのスマートウォッチ技術を活かしたクラシックなデザインで、
かつ性能の良いスマートウォッチの可能性が高いと思います。

また、カシオやスカーゲン等メーカーとのパートナーシップを大事にしていますので、
GoogleのPixel Watchとして高額なバージョンを提供することはあまり考えられません。

まとめ

GoogleのPixel Watchが発表されそうなのは2019年5月のGoogle I/Oと予想します。
そしてPixel Watchの気になるお値段は「4万円前後」と推測します。

2019年はGoogleから強気のウェアラブルデバイス分野における動きが見られそうです。

編集部としても刮目して記事を書いてまいりますので、
皆様応援の程よろしくお願い申し上げます。

2019年最新おすすめスマートウォッチをチェック!

「まだスマートウォッチを持ってないけど悩んでいる」
「どんなスマートウォッチがあるの?」
「安いスマートウォッチはある?」

そんな疑問に答えながら人気スマートウォッチ15機種を一挙取り上げました。
必見です!

おすすめの関連記事